2007年05月26日

僕たちの好きなサクラップ(BlogPet)

きょうげんごは全員みたいな耳打ちしなかった?


*このエントリは、ブログペットの「げんご」が書きました。
posted by ぽれ. at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

アイドル(BlogPet)

そういえば、ぽれ.が
二宮さんが、「役者」であることを否定し、「アイドル」のカテゴリにこだわり続けるひとつのいろいろを、その呟きに感じました。
っていってたの。

*このエントリは、ブログペットの「げんご」が書きました。
posted by ぽれ. at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

いろいろ削られるよね(BlogPet)

ぽれ.は、まことに頭がさがります
そんなわけで、止まると死ぬ魚か君らは、ぽれ.は、在籍児童が80名オーバー
小学生相手にするって、いろいろ削られるよね
とにかく今からたっぷり寝てきて飲むビールのうまいこと親類縁者の皆さんには、はぎのとかをオーバーしなかった
昨日、ぽれ.は、まことに頭が寄ってたり(カメ子に見せたら「まるでDVだけど、眠いからもうだめです」)
そして今からたっぷり寝てきて飲むビールのうまいこと親類縁者とかはなまるとか、語りたいことは山ほどなんだけど、眠いからもうだめです
と、ぽれ.が考えてるみたい♪


*このエントリは、ブログペットの「げんご」が書きました。
posted by ぽれ. at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

DREAMと書いて「もうそう」と読む

黄色隊本隊が本日出動したため、
ぽれさん3度目の「黄色い涙」観賞に赴いてまいりました。

同じ映画を3回も見たら、それすなわち「ヲタ」ってことです。
「黄色」が映画作品としてどうだとか私には、
ち●毛一本ほどにも興味のわかない話題であり(やめろでば)
いいから萌えさせろよどうせヲタなんだからよ、と
今日になって突然キレ気味に居直りはじめました
(2回目までは、作品としてどう評価するか葛藤があった模様)。

そんなわけで、現時点でぽれさんは、
このシーンに差し掛かると萌えの発作が起こります。






まさか、もうネタバレとか怒られないと思うけど。
タグ: 黄色い涙
posted by ぽれ. at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

風をあつめて

GWラストに、いろんなものを落っことして、
怒涛の30分間が過ぎていきました。

相変わらず、他者の理解を敢えて得ようと努めない
(ふうに見せる)
ケムマキ君語録にニヤニヤさせられつつ。
「世間の同世代からバカにされることが嬉しくてたまらない」と
嘯きながら、コンリハ終了後の深夜に役作りをする、
そのプロ根性に感服です。

なんか今日は、家族みんなで一緒に見る羽目になったのですが、
PV撮影のくだり、
「自分が出てくるとやっかいなんですよ」と語る二宮さんを、
夫が「逆北島マヤだな」と評していたのが印象的でした。
二宮さんが、「役者」であることを否定し、
「アイドル」のカテゴリにこだわり続けるひとつの理由を、
その呟きに感じました。

なんというか、自分というものの「素性」を押し殺し、
きらきらと輝くものでありつづけることこそが、
彼らにとっての「自分」を生きることに他ならないのだという、
ややこしくもステキな矜持が素晴らしいのです。

ていうか、コンリハとか円陣とかメガネハートたち(複数ハート)とか、
普通に永久保存版ですな。
そして、「振り向きざまに病んだ人に変わる」演技者と
しての基礎体力にため息。


いやー、すげえ子にハマったもんだ。


この間友達と会ったとき、昔の「8J」をダビってもらい、
伝説の「エレーーーーーーン!!」をやっと見れて
大笑いさせてもらった直後なだけに、
余計感じるものがありました。あは。
posted by ぽれ. at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

褒め言葉(BlogPet)

前なのにエロ妄想し(注・)
褒め言葉
はすごいね!
オコリが起こったみたいなのほおばるシーンがなんかね!
オコリが起こったみたいな白目顔とか、犯罪を企んでるはずなのに挙動不振母になってしまったです


*このエントリは、ブログペットの「げんご」が書きました。
posted by ぽれ. at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

僕たちの好きなサクラップ

この連休は、嵐にいざなわれつつ、毎日がステキに
輝いている予定だったのに、
今日は洗濯して軽く部屋を片付けたら、いきなりの睡魔に
襲われて、昼から夕方まで2時間コタツで寝て終わりました。
うわーん!1日もったいなくしたー(号泣)

そんな今日だったので、「うたばん」は大ご馳走でした。
うおーん!かわいいぞかわいいぞ嵐!

あっちこっちで恋が始まってたり、
「子どもがいっぱい」なししゃもに全員まっしぐらだったり、
中居兄さんの指示にちまちまと従ってみたり、
背の順に並ばされてみたり、
「ちっさく前にならえ」がほんとにミニマムだったり、
モノマネが全員寒々しい仕上がりだったり、
ドームコンで相葉ちゃんがやってた川平ジエイの真似の
元ネタがわかったり、

タカさんに耳打ちされてくすくす笑うキャプテンのキュートさ、
「ナントカなの!」と叫ぶ二宮さんの「なの」、
櫻井さんの「……恋なの?」
まつもっさんの「どうでしょう」、
あいばまさきの「普通のスーパーよりいっぱい」、

どれもこれもおいしくいただきました。


すげーや「うたばん」マーヴェラス!
もう見る所満載過ぎて何がなにやら!!

この連休中、嵐タンクは結構満タンCarなんだ。になりそうな
予感で、たいそう嬉しく生きる喜びを感じます。
明日は2回目の「黄色」だあ!

「We can」シングルですが、3曲目が威勢良くてとても好きです。
噛みそで噛まないサクラップは、日々の活力の源ですね。

ライブで観たら盛り上がりそうで、今から楽しみです。
posted by ぽれ. at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

あたいの黄金週間

連休の初日がいきなりドームコン、
そして地元では先週末から「黄色い涙」公開。
ドームコンの疲れもおいおい癒えた今日は、なんとラッキーにも
仕事が公休日に当たっていました。

なんだか、嵐にいざなわれているみたいなGW。幸せです。

さっそく朝、われらが「黄色隊」(「黄色い涙」を一緒に
観賞して好き勝手に語り合う小団体です)隊長に連絡し、
黄色隊の先遣隊として映画館に赴く許可を得ました。
ちなみに隊長、ごらんになっておりましょうか。
自分、明後日第2回黄色隊別働隊として、「黄色の集い」に
加わる予定があり、本隊出動まで都合2回の観賞を予定して
おります。はっきり言って抜け駆けであります。ぬふふ。

と、部屋の片付けもせんと、家から車で10分の映画館へ。
うっかりしてたのですが今日はファーストデーで、
チケット買うのも一苦労だったんですが、
館内は六分ほどの入り、いかにも「嵐なお友達」な女子に
混じって男性客もぽつりぽつり。
ああ、こんくらいお客が入ってれば
いきなり打ち切りとかはないな、
とややほっとしつつ(←ココ重要)、2時間ちょっとのタイム
トラベルへ。


ネタバレ感想は控えようと思いますが、
一言で言うと、私はとても好きな映画でした。
昭和30年代後半の東京の風景は、ちょうど昭和40年代半ばの
わが地元のイメージに重なります。
田舎なので、市街化に首都圏とのタイムラグがあったから
だと思うのですが、
私の中では「三丁目の夕日」よりこっちのほうが、
記憶の中の昭和の原風景に、より近い気がしました。
昭和を舞台にした映画のマイ金字塔「クレヨンしんちゃん・
モーレツ大人帝国の逆襲」で父ヒロシが涙ながらに叫ぶ

「なんだってこんなに懐かしいんだぁぁ!!!」

の情景そのもので、もう、ずるいなあコンチクショウ、てな
もんです。

お話は、もういろんなところで紹介されているわけですが、
「夢でゴハンを食べたかった男の子たちのひと夏」を、
温かさとほどほどの距離感とで描き出しています。
これが、見ていてすごく幸せになれる、
絶妙な温度の温もりとユルさなのです。
たまたま、朝に隊長と電話で会談したとき話題に出たんですが、
「おじさんのノスタルジーを仮託する存在」として、
嵐はほんとにはまり役だと思います。
夢見る人たちの不思議なバイタリティーとユルさとダメさを、
基本勤勉で真面目な彼らがああも的確に表現できるとは、
とちょっとびっくり。
そして、みんなお芝居うまくなったもんだ、と
そっちもびっくりしました。
いつまでも「Vの嵐!」を基準に物事を測っていてはいかんなと、
我が不明を恥じましたね。
なんというか、芝居が上手い子が全体をリードしてく形を脱却し、
お芝居をするチームとして、アンサンブルとして均衡が取れて
るんですね。
ちなみに今回は、圭くんが結構いいとこさらっていくので、
リーダー好きは映画館の椅子に正座の勢いで観ていただきたい
かなと思いました。

入浴シーンの衝撃度も期待以上でしたし、
見どころいっぱいで楽しかったです。

嵐の関係性とか日常に興味のない一般の映画好きは、
こういう話をどう見るのかな、と気になりつつも、
嵐ヲタのスタンスからは貪欲に味わえる作品だと思いました。
ごちそうさまでした。


こうして幸せな気分になりながら映画館を出て、
CDショップで「We can」初回限定盤(普通に山積みになってて
若干拍子抜け)を買って、今回は3曲ともすごくいいなあ、
コレ夏コンで聞けるの楽しみだなあ、と帰ってきたら、
青い赤紙が届いていて……と、見事なオチまでつき、

嵐スキーのGWは始まったばかりです。

今週は、明日働けばずーっとお休みだよ!
飛び上がるほど嬉しいです。
posted by ぽれ. at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。