2009年05月22日

ころしてm(ry

えーっと……


アラシちゃんについては、なんか嵐が出てないっぽかったので
あまり印象に残ってないのですが、
娘が「なんか福田が二人いる!」と騒いでいたので、
もしかして、どっちかはリーダーだったのかな、と思いました。











以下、本来ならばチラシの裏に書き捨てるべきこと。
posted by ぽれ. at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ころしてもあきたらないほどにくいはずだ(自分が)

ここで、みなさんに悲しいお知らせがあります。



















続きを読む
タグ:
posted by ぽれ. at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

くらむちゃうだー。

宿題くん。

「狭いところに5人置いておくと勝手に固まってもちゃもちゃしだす」
嵐さんたちの不思議な習性が、今回も遺憾なく発揮されていて良かった。

久しぶりに見たよ「ジェンカ」の態勢!
いっそ踊ってしまえばいいのに!台車の上で!
そして、目剥いて歯剥いて猿轡状態のあいばさんが、
いっそストッキングのほうがまだ見れる形相であったことに、
その気になればいつでも、何でも捨てられる人間の
真の強さを見せ付けられた思いです。あいばちゃんはりっぱだ。

櫻井さんのあの牛とか身内の痛々しい姿を、
あたたかく見守るみんなの様子もほほえましかったです。
でも、なんか突っ込んであげたほうが救われる気もするんだけど。

リーダーのむつけ顔とか、カレー食うタイミングが一緒な守り神さんズとか、
基本あいばちゃんのキュー出しは俺の采配だというスタンスを貫く
にのみやさんとか、いろいろと見所の多い宿題くんで、
ごちそうさまだったと思います。

切り込んでくるタイプの芸人さんの回は、見ごたえがあるなあ。



さて、6月の児童館の外掲示板係になりました。
もう、梅雨の装飾です。1年過ぎるのって早いですね。


kaeru4.jpg


水色がえるちゃんがデブりすぎだろ!と、
某所から突っ込まれましたがキニシナイ。
posted by ぽれ. at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

これは脊髄反射せざるをえまい。

さきほどうpした画像について、お友達から泣きが入りましたので、
ちょっと隠させていただきます。












虫注意。
posted by ぽれ. at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

だっておんなのこだもん

sweets.jpg

こないだ、勤め先で作りました。
イチゴやらウエハースやらクッキーやらは、もちろん
プロの手作業です。われわれは盛っただけ。
でも、プロのノウハウをあれこれ教えてもらったので、
次は自力で挑戦してやるぜ!

材料も、ほとんど100均で調達できると聞いてびっくりです。
昨年夏くらいからブレイクしだしてるそうで、材料が手に入りづらく
なってるんだとか。

しかし、年をとればとるほど、ピンクやらハァトやら、
こてこてきらきらしたものが恋しくなるのはなんでだろう。
22歳の同僚が作ったのは、色もデザインもすごいシックでした。








さて、ご本人の要請を受け、ひっそり告知しますが。
おらえのブログの右側に取り付けてるらくがきボードで、
現在大漁祭り開催中です。興味ある方どうぞ。
そして、どなたかぜひ続けてくださるとうれしいです。さかなリレー。
posted by ぽれ. at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

トップオブストッキング

「森は海の恋人」であるように、
「うだうだはすごろくの恋人」であることを痛感した「宿題くん」。


時間に追われてするもんじゃねーよなー。
ストッキング被るのも、なんつうか事務的にすちゃすちゃで、
初期の見てるこっちまで身を捩りたくなる羞恥に欠けるっつーか、
そこはアイドルとして固持しなければならない一線だろっつーか。

でも、松本さんのインザストッキングなお姿は、
いつ見てもわが国の芸能界においてナンバーワンにして
オンリーワンだと思います。
すごいよ松本さん!ある意味カッコイイよ!!

そして、リーダーによる鼻穴アートにおけるメンバー間の
顔の近さは、何かいけないものを覗いているかのような
きゅんきゅんを感じました。
なんか、美人で評判の先輩に、初めてのメイクを手ほどきしてもらう
女子高生のようなドキドキ感だよ!
「ね、ちょっと上向いて?(アイライン入れるから)」とか、
聞こえてきたらどうしようみたいなー(ザッツ妄想)。
あれ、フェルトペンより筆ペンとかの、穂先がやわらかいペンの
ほうがいいよね!直接こしょこしょされて「ああん」って
なりそうで(もうやめれ)。

次は、もっとまったりうだうだなすごろくがいいです。


ところで、「VS嵐」にとうまたんが来るって!
……久しぶりに打ちひしがれる地方在住者ですorz

なんなら生田さん、次の次の土9あたりやんないかしら。
そしたら「宿題くん」に来るかもなのにー。
MAINがこの世界の入り口だったわたくしとしては、
旧MAIN揃い踏みの相葉すごろくが見たくて見たくて……。




穴あきTから覗くあの子の乳首を見られたら、死んじゃってもいい。
posted by ぽれ. at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

わたしのくににはやまがある

昨年、新築した家に入居してからというもの、
すっかり出不精になりました。
もう、おうちが居心地よくてよくて……。
お休みの日も、つい一日中引きこもってDVD祭りとかね。

今日も、貴様朝寝するならリビングじゃなくベッドに行け!と
夫を一喝して、AAAの復習に勤しんでいたわけです。
あああ、しあわへ。
この頃のリーダーの前髪のヒサシの高さは、いつ見ても
ほほえましいです。
なんとなく、「女性議員」って感じがします。
私とカメ子の間では、このときのリーダーは
「ふく●まみづほ」と呼ばれています。


そんなわけで、ということもないのだけれど、
最近私内で、山組が静かなブームです。

「とくばん」。山がかわうい!かわういよ!!

行ってたか山。釣り。一緒に。
あれだよね、釣りする人って、初心者が同行するのウザがるよね。
仕掛け作るのから餌つけんのから、全部面倒見なくちゃだからね
(今時は生餌って使わないのか?翔さんはイソメとか平気なのか?)。
そのへんは多分、例のタメ年船長さんにおまかせなのかな。

なんかいちいち、
「ねー智くんこれでいー?ここでほんと釣れんの?」とか
確認せずにはいられない翔さんに、
「あーいーからだいじょぶだからー」とかなんとか、
ウザそーにダルそーに応える船頭さん(注・リーダー)を
想像したりする自分は、我ながらキモいです。

リーダーと釣りした報告を嬉々として語る翔さんがかわういです。
「釣りのときだけやたらと活発」なリーダーが目に浮かぶよ。
このあたりのレポートの上手さはさすがキャスター!
これからも、リーダー専任のジャーナリストということで、
二人でお出かけした報告とか、いきいきとレポしていただきたい
ものです。

たったあれだけなのに、よい萌えを補充できました。
ありがとう「とくばん」。

あいばちゃんにのちゃんあたりの絡みがもっと欲しいところですが、
そのへんは明日の「宿題くん」に期待超。

タグ: とくばん
posted by ぽれ. at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

メガネメガネ〜。

この頃連日更新しながら、ふと疑問が頭をよぎりました。

齢40にもなる中年女性が、
来る日も来る日も、テレビ見たことばっかり日記に書いてるのって
どうなんだろうか。
なんかそれ、めっちゃ小学生レベルじゃね?
アラフォー小学生って洒落じゃなくね?

なので、今日はテレビの話じゃない話を。


【ざっしのこと】

……何か根こそぎ間違ってる気がするけどまあいいや。活字
(も少し混じってる)だし!

姉さんから連絡網(笑)が回ってきた「MORE」とか、
全員やけに白く画像処理されてた(多分一部黒い人への
救済措置だろうが、あれはほどほどにしてほしい。
じゃないとそのうちにのちゃん写らなくなるから)
「switch」とかも捨てがたかったんですが、
にのちゃん的にはやっぱり「POTATO」のリーマンメガネっ子だな。
うすいお顔に、がっちりしたフレームのメガネはよく映える。
うん、のっぺり顔にメガネはマストアイテムだね!
これでついでに、あいばちゃんみたいな、お着替え中というか、
「この子今から脱ぐところかな着るところかな」的な
カットがあればいうことないね!

スーツは、男子のコスチュームの中でもダントツで大好物です。
次点で好きなのは作業服なんですが、どっかグラビアで
着せてもらえんかのう……。


そして、実は「Wink up」の翔くんがかわいくて仕方なく、
ついで同誌のバラエティー班のかわいらしさに打ち抜かれたのは
内緒です。
さらにさらに、今月一いろいろとみなぎってきたのは、
実はとうまたんの連載ページの、
(元)なるせさんとせりざーさんの
ちったいちったい2ショット写真だったことは、
墓場まで持っていくべき秘密だと思いました。



丸くなろうが黒くなろうが、あの二人は私の中では無敵の並びだ。
タグ: 二宮和也
posted by ぽれ. at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

マリ王

アラシちゃん。

前半、ニューハーフ関連が意外に見ごたえありました。
何が見どころかってそりゃあ、小窓のザッツライさっくらい氏です。
口に手当ててね。女の子かよと。
すっごくすっごくこわごわ見てんのね。
人間の好奇心の根源というか、ああ、「怖いもの見たさ」は
ヒトのココロを激しく揺さぶる感情だなあと。てかかわいいよさっく!
リーダーが意外にびびってたのも発見でした。
お化けは平気でも生傷は駄目なのか。
彼のNGコードっていうか、駄目とOKの線引きってどのへんなのか、
興味があります。面白い子だねほんと。

そして、1週間結構楽しみに待ってました。マリオ王。

はあああんかわいいよかわいいよゲームっ子たち!!

小さい頃から、時には母ちゃんにどやされ、姉からは嫌味を言われ、
「あいつゲーマー?暗くね?」と世間から後ろ指指され、
それでもひたすらコントローラ握り締め続けてきた成果が、
この年になって実を結んだね!
それが君の人生にどう役立つのかわからんけど(笑)
継続は力なりってことだよ!マーヴェラス!!

ゲームが上手い子って、なんかかっこよく見えるもんだねえ。
通常の三倍くらい輝いていたにのちゃん万歳。

まんまと来週に引っ張られたけど、こうなったらとことん
釣られてやるさ!
posted by ぽれ. at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

いったいなんの罰ゲームですかこれ。

連休ラストの今日こそ、どっか遊びに連れてってもらいたかったのに、
月に一度恒例のハライタがずうっと止まらず、
一日部屋でゴロゴロしてしまいました。
ああん!もったいない!

くやしいから、痛みを紛らわせるためにいたずら描き。

一昨日のエントリで書いた
「さあぼくをころせってゆーかー」がやけに脳内に残り、
気が付いたらお筆先状態で描いてました。

大丈夫か私!


001.jpg


……なんかハライタきつくなってきたのは気のせい?
posted by ぽれ. at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

くんかくんかの園

あややはもののふなり。

なんというか、女の戦場を長年にわたり戦い抜いてきた、
歴戦の勇士的な貫禄があるなあと思います。
あのくらいの物言いができなければ、もしくは
あのくらい見事に空気が読めなければ、
上がってこれなかっただろうなと。
ネタの落とし所の目途の付け方なんて、
とりあえずその場のオチ担当への的の絞り方が、
狙ってんだか狙ってないんだか、はたまた台本でも
あるのかわかんないけど、鮮やかでした。

嵐だって10年やってんだから、わきゃわきゃきゅるきゅる
してるだけじゃない世間も見てるんでしょうが、
渡り歩いてきた修羅場の数が違うというか、
あのツワモノぶりの前には、たじたじするしかないよねえ。

そんな芸能人としての力関係が、妙におもしろかったです。

ところで昔、滝のつく人が、
あいばちゃんとにのちゃんのニオイを、
「Jr.内二大クサ男」(確か、AさんはすっぱくNさんは濃い)と
なんかの雑誌で評していたのを記憶してるんですが、
どうやら、大人になって矯正されたようでほっとしました。
くんくんされてるみんなの顔が、永久保存的にめんこいよ。
そして、匂いを褒められてどや顔のにのちゃんは、
きらきらしすぎで胸やけがしそうだよ。


そして、宮→大くんかくんかは、
あまりにナツラルすぎるっていうか、
よくよく考えれば、20代後半の男子どうしが
公衆の面前で行うにはきもちわるすぎる行為なんだけど、
自然にやっちゃう彼らも、
うっかりすると見過ごしそうなほどに見慣れてるわれわれも、
あらゆる意味でどうかしちゃってるよなー、と思いました。


ああ、くんかくんかしてえ。
posted by ぽれ. at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

ほんこわ。

連休、どっこも出かけない仲間のみなさんコンニチハぴかぴか(新しい)


こないだ、カメ子にちょっと怖い話を聞きました。



カメ子の部に、息子の同級生だった女の子が入部してきたそう
なんですが、
カメ子に向かってやおら言うには、


「先輩!嵐が好きなんですよねッ!」

「いや、私はカツンが好きなんだけど」

「あ、スミマセン!

嵐好きなのはお母さんでしたよねッ!!!








息子貴様学校で何を……




            _
        / /|)
        | ̄|
         / /





さーぼくをころせってゆーかー。

タグ: 二宮和也
posted by ぽれ. at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | どうでもいいことだが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

またしてもしてやられるくさいです。

「魔女裁判」

吉瀬美智子を呼べーーーーーーっ


1話を見てまっさきに連想したのが「ライアーゲーム」でした。
ああ、謎の組織の指令っぽい女は、どっちかっつと吉瀬ちゃんだな。
滝沢沙織も悪かないんだけどな。
吉瀬たんは、なまじメジャーになるよりも、
こういう枠で独自の怪しい美女路線を歩んでいってほしいなあ。
あの美貌なので、売れっ子さんになるのは納得なんだけど。

そんなわけで、「魔女裁判」の2話もおもしろかったです。
生田さんは、ああいう「いいやつなんだけど若干ウザい子」を
やらせると絶品っス。ばっつぐんに上手い。
裁判員たちが、ありふれた日常から謀略に巻き込まれていくさまが
スリリングでいいです。まつじゅんいいよまつじゅん。
2話までだけ見たかぎりでは、事件の展開や組織が仕掛けてくる
あれやこれやにも、まだまだミスリードがありそうなので、
来週以降が楽しみです。



ところで以下、まったくの余談です。すまん。


どっかの雑誌でご本人様がネタにしてたそうですが、
「櫻井さんが主演した映画のテレビ版は生田さんが演じる」法則が、
法則としてきちんと成り立つことをひそかに願っています。

だってほら、「いいやつだけど若干ウザい」よ、ガンちゃん!

アイちゃんは、まさか堀北とかは無理だろうから、
カメ子との審議の結果、
小林涼子たんがいいなということになりました。
上田たっちゃんの「ロミジュリ」をわざわざグローブ座に
観に行ったカメ子の弁によれば、
ナマ涼子たんはこの世のものとも思えないかわいさだったそうです。

次の次の土9とかでどっすか!(どっすか言われても)
posted by ぽれ. at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今さらもカッパのサラもあるかーっ!

こんにちは。
AAAは、気づくとDisc2ばっかり観ているぽれ.さんです。

「Re(mark)able」からの流れが好きで好きでたまりません。
遅番で仕事に出る日の朝、戦闘モードに切り替わるための儀式に
ぴったりのセットリストというかね。
世間のちゃんとした奥さんは、出勤前時間が余ると
夕飯の下ごしらえをしたり、掃除をしたりするんでしょうが、
私はちゃんとしない奥さんなので仕方がないのです。

何をしながらでも、「Truth」は絶対手を止めて見入ります。
なぜなら、ぽれさん的に至高のにのちゃんポイントというのがあり、
そこを見逃すわけにはいかないからです。

どこかというと、2回目の
「たとえどんな世界を描いても〜」に続く、
「あーしたーはみーえなーくてー」のところで、
天を仰いで手で目隠しするにのちゃんだけは、何があっても
見逃してはいかんのです。

出勤前なのに、時間ないのに、うっかりここを見逃してしまうと、
わざわざ巻き戻して見たりします。あほです。

そして、さらに出勤時間が迫ろうがなんだろうが、
チャプター飛ばしをして、
リーダーの水槽ドボンまでは確認するのが、私のワンサイクルです。

これをこなしてからメイクのために鏡に向かうと、
なんかリラックスしたやさしい、いい顔になっていて、
子供相手の商売だけに、それはなかなか重要なことだと思うのです。

今日も、この一連の流れをこなしながら、レンジ周りの掃除を
ばたばたやってた午前中でした。

おかげで、まだまだ部屋は片付かないのに、すっかり
一仕事終えた気になっています。


こうして、連休はさらさら往くよ。

タグ: 国立 aaa DVD
posted by ぽれ. at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

It’s show time!

ああああくやしいくやしいけどおもしろいよクイズショウ!


毎週あの監禁部屋っぽい白い部屋での出来事のあれやこれやが
楽しすぎると思うんです。
うん、わかってる。釣られてんぜ私。
でも、ご家庭のお茶の間であんだけあやしい二人の世界が
毎週お気軽に見られるのです。もう、全力で釣られてやんぜ!
MCの敬語と、ディレクターへの絶対服従ぶりがもうね。

ところで、成瀬さんが真中友雄時代から11年間にわたり、
大学ノート百数十冊に及ぶ「僕の復讐計画大全集」を
これも大学ノート百数十数冊を数えるという
「今日の芹沢日記」と並んで毎日したためていたというのは、
私の脳内では有名な話なんですが、

あのDの人も、すげえ細かくMCのキャラ付けやらべしゃりやらを
事細かに記した「俺の神山設定資料集【完全版】」とかを
作ってそうでにんともかんとも。

>「番組最大の山場、俺の神山絶叫、
『どるるぃーーーむちゃぁあああぁぁぁぁんすっっっ!!!』」

みたいなのを、モニター越しににやにやしながら作ってくれて
いてほしいです。


毎週謎の核心にじわじわと迫ってきているようで、どきどきです。



ところでこの日記のタイトル、
Show Timeのところを「翔」ってしたかったんだけど、
なんだか何かに負けるみたいでくやしいからやめました。
タグ: 櫻井翔
posted by ぽれ. at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビト。

辛えぇぇぇ!


たまたま松本さんに関心があるというだけで、
なんでこんなつらいドラマを見始めてしまったのか。
毎週毎週の超展開もさることながら、
鬱々しい話がカタルシスなく延々と続く流れにびびります。
しかも金10の常で、次回への引きだけは無駄に強いから、
脱落しようにも次が気になって……ううう……

ガッキー様のあいらしさは無敵艦隊並の強力さで、
松本さんとの2ショはまことに癒し以外の何物でもなく、
しかも花ちゃんは、あの手のヒロインにしては異様に押しの
強いアプローチを波状攻撃的に仕掛けていく子で、
そこだけ異質な感じなのがヘンでおもろいなあと。
小指に赤いおリボンのシーンなんて、
現役女子高生にすら
「ケータイ小説か( ´,_ゝ`)」ってプゲラされてたし。

「魔王」の鬱展開が、鬱でありながら強烈にアッパー系で、
毎週魔王に芹沢君やら記者のおっさんやらが強烈にやりこめられる
負の方向のカタルシスに満ちていたことを思い返すと、
カタルシスのないダウナー系鬱展開の「スマイル」は、
実に実に辛い話だなと。
この先、ビトの進む道のどこらへんに救いがあるのか、
乗り掛かった船なので見届けていくよりしょうがないです。


というわけで、今日から飛び石8連休。
無論、スケジュールは白紙です。
子どもたちは連日部活とバイトで不在です。
父さんさえいなければ、D!V!D!祭りなのに……。


誰か、亭主が元気で留守になるおまじないを教えてください。
タグ: ドラマ
posted by ぽれ. at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

ぼくはなんできみにひかれたの?

作品賞には「魔王」/日刊ドラマGP


こんな辺境の、しかも数日前までコールドスリープ状態だった
ブログですが、実はいまだに一日数件、このドラマ絡みの
検索ワードでおいでになるお客様がいらしゃいます。

かつてにのちゃんが、「シブヤから遠く離れて」の何とも
名状しがたいあの作品の空気を「低温やけど」と表現していた
ことがありましたが、
このドラマの、おそらくあの最終回に、
低温どころか1200度の紅蓮の炎にあぶられるような思いをして
しまった同志の方が、思わず迷い込んでこられるのかなと、
想像したりもしています。

一歩演出を間違えば、ネタドラマ扱いされても
おかしくはないお話だったと思います
(吉瀬美智子嬢は、個人的に「ネタドラマの女王」だし。
余談だけど「ネタドラマのプリンセス」は当然片瀬那奈たんだ!)。
時期的にもずいぶん割を食ったというか、
となりのヘンないきものやら世界のスポーツ祭典やらに
ボッコボコにされながらも、瞠目のハイテンションで
熱い暑い夏を駆け抜けたドラマでした
(逆に、あれだけ視聴者に媚びずにドシリアスで大仰な話を
最後まで続けられたのは、視聴率という縛りにあまり捉われなかった
から、かもしれません)。

パッと見のビジュアルに目くらましされて見落としがちな、
成瀬さんの台詞のヘンテコさ(「おいしいコーヒー」の件は未だに
首をかしげざるを得ません)、
脚本やら演出やらの微妙な残念さ(警察の捜査のお粗末さときたら)、
とまあ、いろいろケチのつけどころはあったのですが、
それでもあの熱い演出と、何より主演二人の力技に魅かれて、
あのラストまで一緒に突っ走らされた夏でした。

さて、ごたくはまああれこれ並べられるのですが、
超個人的に、このドラマのどこが私のナニを打ち抜いたかといえば、
率直に言って、

成瀬さんから立ちのぼるなんともいえない「いかがわしさ」でした。

だって、あんだけ転落した子が、10年やそこらであそこまで
のし上がれるわけないじゃん!
絶対居たよ、パトロン。一人二人じゃなく。
何人ものパパやらママやらにご寵愛されて這い上がってきたとしか
(すみませんわるい病気の発作が起きています)。

と、その成り立ちから現在、11年間仇をストーキングし続ける
執着、天使の微笑でカフェの小娘から政財界の重鎮まで
かどわかす小悪魔ちゃんっぷり……

こんないかがわしいキャラクターを、世間に疎い私は
他に思いつきません(言いきっちゃったよもう)。

そんな「歩く猥褻人型兵器」が、結局魔王になりきれずに
葛藤しながら、ある意味彼なりの救いを迎えるまでの、
全11話の熱させつなさから、未だに逃れられないでいるという、
なんとも難儀な状態です。

「日刊」は「日刊」で、まあ人気投票と言われればそれまで
なのですが、
それでも案外、呪縛が解けない同病の人が相当数いてこその
この結果だと思うと、なかなかうれしいものを感じます。

同病のみなさま、お疲れ様です。
一日も早いご回復をお祈りしています。



以下、拍手お返事です。
posted by ぽれ. at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。