2009年11月27日

きみは案外タフだから(拍手お返事にかえて)

拍手経由で、昨日のあらしちゃんのご感想をいただきまして、
(いつもありがとうございます!)
「どうなんですか!」とのことでしたので一言。



まず何よりこれを言わせていただきたい。


あいばの夜を熟知している体のにのみやさんが
やけに自慢毛ぼーぼーだった件についてですが、


何自慢だばかやろー(ノ#`Д´)ノ彡┻━┻


実はあんた(注・にのみやさん)ちねんちゃんと同類だろう。
「日本一本人に近いヤラ●シ」ってやつだろう。
実は裏でメルマガとかやってんじゃないのか。あいば担向けに。
劇場の裏口とかで、でかい声で
「さとし担のちねんと動いてんだけどぅ」とか
携帯でしゃべってたりとか、そういう絵ヅラさえ浮かんできます。


さらに、言うに事欠いて「夜のヤギ」。
ヤギっていうのはつまりあれか。
貪欲じゃないけど反芻は長いとかそういうことか。
めーめーいわしてんのかいわされてんのか。
そこまですっぱり断言するならきちんと言及してほしかった。


その後も、夫婦漫才的小芝居とか
(まさき→さとしのやりとり、
あれは対息子ではなく、当て馬とかに対する威嚇ではなかろうか)
ハンバーグの口臭に群がるおばかさんたちとか、
けっこう盛りだくさんにおいしゅうございましただったので、
後半のあれはまあ、不幸な放送事故だったのかなと。


てか、10年選手のあつまりなので、
私めのごときど素人よりもバラエティーの何たるかなんて
彼らもよくよく承知してるだろうし、
タレントさん個々のコンディションとか、
テレビを見ているすべての人が周知しているわけでもないですし。
そこは、彼らもお仕事と割り切ってるんじゃないかな。


ただし、切り口はまあ微妙ですよね。
バラエティーとしてのセンスは、はっきり言って良くはないかと。
私個人はオカルト大嫌いなんで、どうせ弄ってくれるなら
もっと別のアプローチもあろうにと、そこは残念です。


そして何より、
みんなに突っ込まれて所在無げにきょどきょどする
打たれ弱いドSくんの寄る辺ない仔犬ちゃんっぷりには、
ちょっとくらくらくるくらい萌えました。
頭の毛がぜんぶ脱毛しちゃうよぅ(*´Д`)


まつもとさんあたりに、
ああいう彼に容赦なく突っ込むスキルを身につけてもらえると、
さらにいろいろとおいしく味わえそうなのでひとつよろしく
したいところです。









最後に「VS嵐」ですが、
花子でも角野でもなく、私はガッくんになりたい。
posted by ぽれ. at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

いのり

生まれてこのかた、こんな気持ちで
自分の生活になんら直接関わってこない芸能人に
こもごもな思いを抱いたことがあったでしょうか。


なんだか、何かと気にかかるんだよね。
ナチュラルというか、過剰にナチュラルすぎるというか、
必要に迫られなければ本番でも一言も発せず、
たまによくしゃべるなと思えば「ゆうべの酒が」までぶっちゃけ、
日焼けを突っ込まれればちょっと悲しくなる。


翔くんからはやたらめったらかわいそうがられ、
にのちゃんからはスキンシップのターゲットにされ、
まさきからはまっすぐに「やさしい」と暴露され、
まつもとさんからは「家に入れてねハートたち(複数ハート)」と
不屈のアプローチをされる(そしてそれを華麗にスルーする)。


ちゃんとご飯を食べているのか、
日焼け対策はしているのか(……ないな)、
膝の治療はしているのか、
何よりも今、毎日充実してお仕事楽しめているのか。


自分のことをさしおいて、「とりあえず幸せでいてください」と
ヲタを祈る気持ちにさせる何かが、彼にはあると思うんです。


周りを無自覚に振り回し気を揉ませ、
マイペースなようで抗ったり流れたりの10年、
ほんとによくぞ、そのステージから降りないでくれました。


リーダー、ギリですが29歳おめでとうございます。
これからも、ヲタとして勝手に気を揉んでいくことをお許しください。





で、今日はおめでたい日なので、それに免じて、
「嵐ちゃん」のあたりとかには
あんまり突っ込まないでおこうかと思うのですがね。


こっちの子はこっちの子で、
ちゃんと食べてるか、身体治しにかかってるのか気を揉みますね。





いじられ慣れない子のキョどりっぷりには萌えましたけどね。続きを読む
ラベル: 大野智
posted by ぽれ. at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 祭りだわっしょい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

一寸先の闇鍋にうっかり足を取られてみよう。

ヲタを長年やっていると、あらぬ事象に目が向いていくものです。


大きなマグロを釣るってビッグニュースなんですね。


今朝のズーミン、エンタメ7時台のトップが松方さんで、
マグロについてのあれこれはそこまで世間の耳目を集める事柄なのかと
ある意味衝撃を受けました。
そして彼は、現在「マグロトーナメント」に出場中で、
洋上から電話で喜びを語ったとか、
何そのリアル釣りバカ日誌!実在するのかそんなイベント!と
目を剥いた途端、


こういった現実や、
「でかいマグロを釣るがエライ」といった価値観に支配される世界が
この世に実在するということを、
決してしらしめてはいけない人に約一名思い当りました。


ちなみにこの日、この話題の前のコーナーで、
「50年分だかのカレンダーをすべて記憶する少年」を
取り上げていたのですが、
我らが羽鳥アナが、彼に質問をと振られ即座に
「1980年11月26日は何曜日?」と訊ねていました。
そのぶれなさ、あっぱれだといたみいると同時に、


松方さんに電話でインタビューしながら、
バードさんたぶんあたしと同じ人のこと
考えてたんじゃないかなあ、と。



そんなわけで、
マグロのためなら松方さんとどうかなったりしそうな彼のおめでとうエントリーは、日付が変わってからにします。
posted by ぽれ. at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

たとえ500マイルはなれても

紅白出場とか決まって、
どうやら彼らが国民的アイドルとか、
世間的にそういう流れがだぶだぶと作られてきている中、
そういった話題は潔く一切スルーしたうえで、
全国ネットで股間押さえて悶絶してみせる嵐さんたちに感動。


ひさびさ笑った!ほんといいよあの子たち。
企画の内容がどうこうじゃないんですよ。
5人オンリーが、もっとあっていいんですよ。
そして、おそらく5人のあの空気とかいちゃもちゃ感とか
あうんの呼吸とかを、世の中も「嵐ってこうだよね」と
ぼちぼち認知し始めてるんだと思います。
何より、宿題くんスタッフの愛情というか、
彼らに何を語らせたら、彼らの味がにじみ出てくるか
熟知してるんだなあ、というあたりにも、笑いながらじんと来た。


てか、いったい何をこらえてるんだ。
「ちょっと出た」とか、けしからんではないか。
案外ダイレクトに、局所に手を伸ばしあう奴らにフンガー。
アラフォー女子として自重したいところだがそうもいかない。
ヤンキーは猫派弱すぎで最高だし、おすピーにおける
二宮さんの前のめりっぷりが演技派の戦士の面目躍如だし、
いやもう明日仕事じゃなければ思いっきりリピりたい
ところですが残念です。


今夜の夢には、白いお帽子のベイビーちゃんたちが出てこないかな。
したら、明日の日記でオーバーアクションで語り倒します。



ラベル: 嵐の宿題くん
posted by ぽれ. at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

紅と白のエクスタシー

ボジョレ・ヌーボーを晩酌にいただいて、
ちょっとぽやんとしながらキーボード打ってます。
ボジョレはさっぱりしすぎてうまくないです。
馬のしょ●べんとはよく言ったもんだ。

旬のものやらを、どうしてもそのときに
味あわないと気が済まないとか、そういう欲はあんまりないので、
今頃になって思い出したようにボジョレとか全然平気だし、
コスプレとかディズニーとか乗り遅れても
「自分うすのろ杉ワロタ」で済むんですけど。


とはいえ、こういうことになってしまうと話は別というか、
やっぱりえらいことのような気がするので自分用メモ。

<紅白歌合戦>松潤「勉強させていただきます」“ジャニーズ2枠”破り「嵐」初出場


うん、少数派なのはわかってるんだけどね。


デビュー翌年の、レギュラーと言えば「ガキバラ帝国」の小窓で、
CD出したのにjr.の一ユニット扱いで、
デビュー前のJr.の人気者たちの間に埋もれまいと必死だった
彼らを思うと、
よくもここまで来てくれたなあと、生き残ってくれたなあと、
やっぱり胸にくるものがあるわけですよ。


そして、彼らの仕事はなんだかんだで信頼できるというか、
最初の24時間TVだって、決まった時はあれだけみんな
orzってなったのに、終わってみればあいばお手紙で祭りだった
わけなので、今回も普通に楽しみにしてていいのかなって。


なので、小さくお祭りをします。
わしょーいわしょーい。


こないだ、父さんが「安かったから」って、
特売で大根まとめ買いしてくるかのように、
42型液晶テレビと
ブルーレイレコーダーを抱えて帰ってきたんだけど、
まさか、こういうふうに役に立つとは思わなんだ。





ということで、日記おさぼりしちゃってましたが、
懸案だった担当行事がやっと終わったので、
またぼちぼち再開しますね。


拍手くださってたkao-3@さん、いつもありがとうです!
マリオにのたむのめんこさは異常!心底同意です!
せっかくレコーダー新しくなったんだから、全パターン
欲しいよ!にのたむ欲しいよ!
ラベル: 紅白
posted by ぽれ. at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭りだわっしょい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

トツギーノ

さて、PVなんですけれども。

今朝方、娘が起き抜け一発目に言うことには、

「おいらは誰に嫁ごうかと思うよ……」

寝坊してきたと思ったら、寝言までほざくとは。
母さんしてやられたりです。

「三郎が無難かなあ」
「でもあの子、気が利かなそうじゃん。一人で引っ越しの
仕事してないし」
「あー。じゃあ二郎だね」
「だね。あの中では一番年収高そうだよね」
「末っ子はわがままそうだしな……」
「つか、下二人まだ学生なんじゃね?(笑)」
「……一郎は無いわ(笑)」
「無職っぽいしな(笑)」
「オトナグリコのカツオくんと同じ空気だよね(笑)」
「庭で野球してそうだよね(笑)」
「バット飛んでっちゃうのね(笑)」

学校遅刻しそうだっちゅうに、呑気にヲタトークかます馬鹿親子。
こんな娘ですが、来年大学受験ですorz
はるばるさいたままでオープンキャンパス行きましたorz


……なんか嫌なことを思い出しそうになったので
話を戻しますが(現実なんて見ない見ない)。



PVは本篇もメイキングもほほえましくてよろしおすです。
リピポイントとしては、天然さんズのわかんないトークとか
(「だいじょうぶだよあいばちゃん
ぼくもあんまりわかってなかったから」にずっきゅん来たよ)
長男末っ子の電話をめぐる攻防とか
(「いかせて」とは何事かけしからん)、
しりとりとかまつもとさんの曲振りに割り込むおばかさんたちとか、
5人そろってバカ振り大会やってるときの、5人そろって
幸せそうな笑顔のならび具合とか、
割合広範囲にゆるゆるっと萌えられてお買い得なり。
家族がそろうリビングでしかDVDが見られないので、
思い立ったらすぐリピリピ♪ではないんだけど、
仕事中に思い出してほくそ笑めるのがよいですね
(いや、仕事中は仕事してくださいよ)。


あと、木曜ゴールデン2番組は今日もちょぼちょぼでしたが、
嵐ちゃんで流れた、「国立に坂本竜馬像」がやけにおかしくて
ひとりで大受けしてました。あたしって簡単。












さて、拍手お返事です。
ラベル: マイガール PV
posted by ぽれ. at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

カンチョスふたたび

上司に関するふたことみことふたたび。


今日、上司に頼まれ、彼がPC内で迷子にしちゃった
ファイルを捜索していたところ、
最小化してあったIEの窓に、
「嵐 ファンクラブ」で検索してたらしき形跡があったので、


「嵐で何かお探しでしたか?」と尋ねたら、


「いやあ、彼女(11/10日記参照)にメッセージ送ろうと思ったんだけど、
さっぱりわかんねえから調べてたんだあ」とのこと。
でも結局、
「見てもさっぱりわかんねえからやめたわ」だそうで。


いやさ、そのキーワードでは何にもわかんなくね?
ってか、聞いてくれれば、
いくらでも答えて差し上げますのに水臭い(笑)


でも、かつての教え子を喜ばせたい一心で、
ネットの海を嵐さん情報求めて必死に泳ぎまわるアラウンド古稀の
上司は、なんというか、かわいいなあと思います。


そして、ああ、嵐さんたちはこうしていろんな人の
話題に上るグループになったんだなあと。
これはこういうこと
なるのもやむなしだなあと。

しかし、嵐に関する話題が、
毎日こんなに尽きないのってすごいね。
デビュー直後の彼らが、週1ジュニア番組の小窓でしか
見れなかった時代を知る者にとっては、隔世の感ありです。



そして、「マイガール」のPVを見てると、
なんだか小じわとほうれい線が
薄くなってくようなうるおいを感じるよ!


電話とかしりとりとか二段ベッドとか大好きすぎる。



もっかい見てきたら詳細語りますね。
あと、拍手のお返事も。


posted by ぽれ. at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝一で連絡網が回ってきました

嵐10年ぶり5人でドラマ「最後の約束」


ヲタ友連絡網(笑)で回ってきたよ!
かなさんアリガトウ!!


そっか。伝説の、

「やめてくれ先輩」「やめないさ!」の、
「お前らの性根、叩きなおしてやるっ!(チャック下ろす)」の、
「女子にボコボコwwwww」の、

「Vの嵐」(笑)以来か。
あああーたのしみすぎてすでに息がはかはかするぅぅー。


とりあえず、「Vの嵐」のビデオ見返しながら待つか。


ラベル:ドラマ
posted by ぽれ. at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 祭りだわっしょい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

カンチョスのことなど。

今朝、上司に
「昨日嵐を買ってきたぞ」と声をかけられ、
「ああ、今年も彼女の誕生日が近いんだなあ」と気付きました。

上司は、長く教職に就いていた人で、
たくさんの教え子たちと、今も交流が続いています。
その中に、とある施設に勤める女性がいて、
上司は毎年、頑張って働いているその方の誕生日に
プレゼントを贈っているのだとか。
どうやらジャニーズ好きらしいその方のリクエストに応え、
一昨年はSMAPの、去年はV6のアルバムをプレゼントしていた
わけですが、
今年はついに嵐を希望されました、ということらしい。

「セブンアンドワイで3200円だったぞ。安いもんでねえな」
いや、今まで出した全部の曲が入ってるんで安いです。
「注文したら、『在庫確認中』って出たぞ。
すぐに手に入るもんでないのな。売れてるんだなあ」

……おかげさまで。
「まあ、別に俺は好きでもないけどな」

ツ ン デ レ か !


とりもなおさず、古稀を超える上司にも認知され、
ジャニーズ好きな妙齢女性のストライクゾーンにようやく
食い込んできてこその今の嵐さんであることを、
再認識したことではありました。


すみません館長。
そんなわけで、来月は親戚の法事に(ry









Hと$誌をちょぼちょぼ買いました。
舞駕さんちの五兄弟が届くのは明日です。



そんな感じです。











以下、お待たせすみませんの拍手お返事ですよ。
ラベル:5×10
posted by ぽれ. at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

10枚目のチラシの裏

アラセン(笑)のみなさまおばんです。
週末は1週間分の家事をやっつけながら、だらだら「5×10」DVDを
見ていました。幸せな休日でした。

当日を1週間近くはずして今頃こっそり呟こうと思うのですが、
毎年11月3日には、
「あああーあのときなんで行っとかなかったかな握手会」
といった類の後悔がぐるぐる駆けずり回り、
素直に「嵐おめ!」って年々なれなくなっている自分が
ちょっぴり大人げなくて口惜しいです。

そもそも私は、デビューの時からすでに、
彼らがジュニアからこっちの世界に飛び出てくるなんて
想定外だった「読めないヲタ」でした。

ジュニア黄金期の真っただ中だった当時、
ぶっちゃけて言ってしまえば、あの頃のジュニアは百花繚乱で、
誰がいつデビューしても不思議じゃない状況ではあったのです。
ほんとに、息を呑むほどの絶世の美少年だとか
(イケメンとか軽くくくれる感じじゃないんだよなあ)
びっくりするほどダンスにセンスがあったり、トーク上手かったり、
人材の層がすごく厚かった印象があるあの頃のジュニアの中にあって、
嵐さんたちは正直「繰り上げ当選」な人たちでした。

デビューに一番近かったはずの子たちが、
なんかいろんなものにうたかたのごとくのまれていった結果、
気づくと、嵐さんたちはハワイでクルーザーに乗っていました。
彼らが背負う筋合いではないはずのものまで背負わされて、
それでも果敢に、笑顔を絶やさないまま、彼らはけなげに
頑張ってきたわけなんです。

あのとき、彼らのデビューを読めなかったヲタである私は、
10年後、こんなことが待っていようとは、さらに
読めませんでした。

いったい何が、彼らをここまで押し上げたのか、
正直よくわかりません。ほんとに。
取り立てて目立つ子がいるわけでなく、
歌だってまあ平均点(しかも10年たってやっとこさ。
Mステピカダボの悲劇は、思い返すだに身の毛がよだちます)。
グループ独自のよい空気感とチームワークの良さは
誇れることだけれど、
それだけでこうまで世間にアピールできるものなのか。

10年前、
「ああこれで、とりあえず数年間は、
彼らは突然消えてなくならないなあ」と、
自虐的な安心感を覚えたことを思い出します。

「まさかあの子が」という去り方をしただの、
「なんであの子まで」を見送っただの。
ジュニアがヲタの入り口だったから、そうしていつの間にか
フェードアウトしていく子たちをさんざん見てきました。

だからこそ、彼らの背負ったものは大きく、
それをこんなふうに利子つけて返せる彼らであることが、
ただただすげえなあ、と目を見張るのみです。

あああ。わけわかんね!

とにかくだ。
10年ありがとう。君らのおかげで楽しかったよ。
これからも、しばらくは楽しんでいきたいよ。



そんなわけで、次のエントリで、拍手のお返事は必ずorz
記事へのコメントも、のちほどお返事いたします。すまん。

ラベル: 10周年
posted by ぽれ. at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あいくるしいの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

「東京ドームで親戚の法事あるんで、ちょっくら行ってきます」

年に2回も3連休になるように年休とか取るのって、
やっぱ後ろめたいよね……

とか言ってるうちに、もはや1か月を切っている件。


すみません、お久しぶりです。
例年、夏休み明けから10月末まで、職場はイベント続きで
大忙しなんですが、ようやくひと段落。
……のはずが、インフルエンザ大流行ですよ。
職員が、若い順に侵されていってます。
なんだろうね、嬉しいような悔しいような(笑)


ACWは、嵐さんたちのチャレンジは頼もしく見守ってたんですが、
嵐ヲタとしてはあんまりチャレンジしてなかったなあ(貴様)。
録画逃しまくりです。お友達に頼みまくりです。
いつもいつもまことにすみません(へこへこ)。

10周年もつつがなく過ぎ、色紙は当然届くことなく、
相変わらずへらへらそこそこやっております。


休眠期間にいただいていた拍手コメのお返事は、
あとで必ずします。ごめんなさい。



kinoko01.jpg

kinoko04.jpg


11月の掲示板はこんな感じです。
自分らの知らないところで、
きのこにされているスーパーアイドルのみなさん。
posted by ぽれ. at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | とりあえず雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。